役に立つ井戸を必要な場所に作る井戸掘り~イドマン~

作業員

工事をして対策を

改良工事における留意点

作業員

地震大国を言われるわが国では、東日本大震災に代表されますように、液状化によって甚大な被害を受けています。この液状化は、地震による震動を受けることで、地下水位以下にある地盤の強度が喪失して、浮力が働くことで、発生する現象です。そこで、この地震による液状化被害を軽減するための耐震補強として、地盤改良による耐震補強を挙げることができます。ただ、液状化といっても、どのような地盤でも発生するというものではありませんので、その適用については、注意する必要があります。そこで、耐震補強を図る対象構造物に対し、その周辺環境や、地盤構造の特性を把握する必要があります。たとえば、地盤については、液状化判定と言われる判定が可能な地質調査を実施する必要があります。このような点について留意することで、効率的な耐震補強が可能になります。

今後に向けた耐震補強による地盤改良

大都市の臨海部では、埋め立て地盤上に、構造物を築造していることが少なくないため、そのような地盤に対し、耐震補強を目的とした地盤改良を必要とする場合があります。ただ、既に建造してしまった後では、地盤改良工事は、かなりの難工事となりますので、出来る限り、構造物を築造する前に、実施しておくべきです。その地盤改良工事も、大深度までの改良を可能としていますが、事前の地質調査による地盤データに基づくことで、経済的な耐震補強が可能になります。今後は、既設構造物に対する耐震補強を実施する必要がありますが、そのような場合でも、地盤改良技術の進歩により、施工が可能になりつつあります。その際、どのような工法を適用するかについては、地盤データ、施工条件、周辺構造物への影響度といった要素を考慮して、適切な工法を選定する必要があります。また、最近では、恒久グラウトといった新材料も開発されていますので、大深度への対応を可能とした地盤改良技術を採り入れることで、耐震性能が高まることが期待できます。